目元を改善して若々しく|ダウンタイムが少ない目の下のたるみ手術|時間をかけない切開法

ダウンタイムが少ない目の下のたるみ手術|時間をかけない切開法

婦人

目元を改善して若々しく

鏡を見るレディ

皮膚に凹凸ができます

目の下にクマができると老けて見えたり疲れて見えたりしてしまいます。この目の下のクマには茶グマ、青クマ、黒クマの3種類があります。茶グマはメラニン色素の沈着、青クマは皮膚の下にある筋肉や毛細血管が透けて見える症状です。どちらも色が変わるクマなので化粧で隠すことができます。3つ目の黒クマは、目の下の皮膚のたるみや脂肪が突き出ることが原因です。たるみや脂肪の突き出しの下の部分が凹んで影ができ、クマに見えます。影が生じるのが原因であるため影クマとも呼ばれます。茶グマや青クマと異なり皮膚の凹凸が原因のため、化粧で隠すことができません。目の下のたるみは加齢により目を支える筋肉が衰えて生じます。程度がひどい場合には、整形手術を用いてたるみを改善するのがおすすめです。

余分な皮膚や脂肪を除去

目の下のたるみを改善する整形手術には様々な手法があります。最もお手軽な方法はヒアルロン酸の注入です。凹んだ部分にヒアルロン酸を注入して凹みをなくします。施術時間が短くダウンタイムもほとんどないため気軽に試すことができます。ヒアルロン酸は数ヶ月で代謝されるため、効果を長く維持するためには定期的な注入が必要になります。たるみの程度がひどかったり、半永久的に改善したい場合には、たるんだ皮膚を切除したり脂肪を除去する方法がおすすめです。まぶたの裏側に小さな穴を開けて脂肪を取り出す「経結膜脱脂術」という方法が、メスを用いないため体への負担が少なく最も人気です。症状によっては、下まぶたを切開して脂肪を取り出す「下眼瞼切開」や、脂肪を凹んだ部分に移動させる「ハムラ法」が適している場合もあります。