ダウンタイムが少ない目の下のたるみ手術|時間をかけない切開法

女の人

顔全体にハリを感じられる

シニア女性

美容整形クリニックの若返り治療の中で特に人気なのがフェイスリフトです。余分な皮膚を取り除いてしまうのですっきりとした印象になりますが、1週間程の腫れがありますし、術後はシャンプーを控えるなど、制限があります。

もっと読む

目元を改善して若々しく

鏡を見るレディ

目の下の皮膚のたるみが原因で起こる黒クマは、整形手術によって改善することができます。凹んだ部分にヒアルロン酸を注入する方法が最もお手軽です。半永久的に治したいなら、余分な皮膚を切除したり脂肪を除去する方法がおすすめです。

もっと読む

治療法とダウンタイム

女性たち

ダウンタイム

美容整形で目の下のたるみを解消する方法は、メスを使う切開手術と、メスを使わない手術の2パターンあります。やはり、時間をかけずにたるみを解消できるのは、切開でたるみを取り去る手術です。大きく分類すると2種類あります。ひとつは、皮弁法です。下瞼に切り込みをいれて、たるんだ脂肪を取り去る手術です。目元のたるみをとる場合の最も基本的な手術法です。二つ目は、ハムラ法です。下瞼に切り込みを入れるのは皮弁法と同じですが、たるんでいる脂肪を目元に薄くのばします。目元のたるみ解消だけではなく、クマの解消にもなります。手術を受ける方に気を付けてほしいことは、術後は一週間ほどダウンタイムが必要になります。仕事をされている方は、長期休暇をとる必要があります。

治療法と持続期間

もう少し詳しく手術法について説明します。皮弁法は皮膚のたるみの中度以上の方の場合に施されます。ふくらみよりも皮膚のたるみの目立つ方に施術されます。余剰な脂肪を取り除き、たるんだ部分を切除します。ハムラ法は目の下のたるみの原因である眼窩脂肪を除去するのではなく、目の下のくぼみに移動させる方法です。くぼみがなくなることで、目の下のくぼみの解消にも効果があります。手術後の効果と持続性についてですが、たるみの原因である脂肪を取り除くので即効性があります。また、ヒアルロン酸注射やボトックス注射のようなプチ整形とは違い持続性も長いです。根本から原因を取り除く治療法なので、一度得た効果は半永久的に続きます。

整形におけるヒアルロン酸

注射

ヒアルロン酸注入は数ある美容整形手術の中で、最も多く使われている施術法で、即効性と安全性が高いことで人気があります。また、ヒアルロン酸注入は、くっきりしたほうれい線にも効果的で、傷跡が残ることもないのです。

もっと読む